RabbitSpace(ラビットスペース)

ビジョンとは?経営理念との違い、重要性と浸透させる方法を解説

LINEで送る
Pocket

こんにちは、あるいはこんばんは!
パーソナルコーチ・動画クリエイターの
長野佐友里(@sayuricoaching)です。

 

あなたのビジョンは何ですか?

 

 

経営者・事業責任者の方や、個人でビジネスをされている方は
こんな風に聞かれる機会が少なくないかもしれません。

 

しかし
「ビジョンって結局なんなの?」
「ビジョンがあれば経営がうまくいくわけ?」
と疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私はプロのコーチとして、
様々な方のビジョンを描くお手伝いをさせていただいていますが
ビジョンは「実現したい未来」だし「理想のありたい姿」なので
明確化することがとても重要だと考えています。

 

実際に、ビジョンを描くことで望みを叶えていらっしゃる方も

組織を率いている方にも、
個人でビジネスをされている方にも、
経営・ビジネスを成長させていくうえで
ビジョンはとても有効な手段ですので
ぜひ参考にされてくださいね!

 

ビジョンと経営理念の違い

 

 

<ビジョンとは>
ビジョン、ヴィジョン (vision)

英語で視覚、視力、洞察(先見)、展望、構想、空想、幻影、映像などを意味する。形容詞形はビジュアル (visual)。
ビジョン – 経営における用語。事業者が近い将来に達成すべき姿。戦略および方針管理が目指すよりどころ

Wikipediaより抜粋

 

<経営理念とは>
経営者の経営哲学や信念、行動指針や目的などを明文化し、その企業が果たすべき使命や、基本姿勢などを社内外に向けて表明するものである。

  • 経営理念 – 企業の存在理由や価値観を明確にする
  • 経営ビジョン – 企業の到達したい将来像を示す
  • 経営戦略 – 企業の経営目標を実現するためのシナリオを明確にする
  • 経営計画 – 企業の経営戦略を実現するための行動計画を具体的に示す

 

対内的には、社員の行動規範や価値判断の基準、あるいは自己評価の基準となり、また企業風土・企業文化を形成したり、社員に帰属意識や一体感を持たせることが期待される。一方、対外的には、ステークホルダーに対して他社とは異なるアイデンティティを示すことが期待される。

Wikipediaより抜粋

 

 

“ビジョン”と”経営理念”は、
似たような意味合いで使用されていることが多い印象ですが
強いて言うのであれば、

  • ビジョン=ありたい姿、理想像、中長期的展望(遷移的)
  • 経営理念=哲学、信念、存在意義(普遍的)

かなと考えます。

どちらも時代とともに柔軟に変化していくと思いますが
ビジョンの方が変化しやすいものかなと思います。

 

と言うのも、何か目標が達成されていけば
さらなる理想が出てきて然るべきなので
ビジョンは定期的に更新されるイメージだからです。

 

ビジョンの重要性

 

ビジョンは”ありたい姿”だとお伝えしました。
つまりビジョンは、
企業や事業がどこへ向かっているのか?という目的地・行き先とも言えます。

 

私たちが生きているいまの時代は、
情報が溢れ、様々な価値観に触れやすい環境にあります。

 

VUCA時代なんて言われて久しいですよね。

 

VUCA(ブカ、ブーカ)はビジネス用語。
Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べた頭字語。
「今はVUCAの世界になった」というような文脈で使われることも多い。

Wikipediaより抜粋

 

 

ゆえに、企業・事業がどこに向かっているのか?=ビジョン
を明示しなければステークホルダーが迷いかねません。

 

※ステークホルダーとは:株主・経営者・従業員・顧客・取引先のほか、金融機関、行政機関、各種団体など、企業のあらゆる利害関係者

 

 

「私はここに向かっているのです!」というビジョン
ハッキリと明確に伝えることで、
人々の賛同・共感・応援のエネルギーを得られやすくなります。

 

逆に、ビジョンがないとステークホルダーの信頼を得づらいとも言えますね。

 

それだけ企業・事業にとってビジョンは重要なものなのです。

私自身、一社員として会社に属していたときに
自社のビジョンがなくて「どこに向かってるの…?」と
疑問に思ったまま困った経験があります…!

 

日々新しい技術が生まれ波に乗っていかなければならない中で
従業員にとって「ビジョン」は
ごちゃついて迷った時にも立ち戻れる軸になるのです。

 

ビジョンが浸透しない理由3つ

ビジョンってめちゃくちゃ大事じゃん!
というのは伝わったかな?と思います。

 

さて、ではなぜこんなにも重要な”ビジョン”なのに
企業で浸透していないところも少なくないのでしょうか?

①曖昧な言葉で想いが入り切っていない

ビジョンは掲げているものの、浸透していないな…

 

ビジョンを語っても、どこか上の空でちゃんと聞いてもらえない…

 

そんなことはないでしょうか?
もしかしたら、ビジョン自体に想いが入り切っていないのかもしれません。

 

ビジョンは「ありたい姿」なので、
思いっきり夢を語るつもりでワクワクした気持ちを乗せて
かつ明確に言語化して表現する必要があります。

本気で熱を持って語っているのか?
とりあえずキレイ事を並べているのか?
くらいは分かります。嫌でも伝わってしまう。

 

そうなると、そもそも耳を傾けてもらうのも難しいですよね。

②忘れられている

熱はこもってる!心から表現したんだけどな…

 

と言う場合は、どれくらい伝えていますか?と問いたいですね。

 

日々たくさんの情報に触れているなかで、
1回だけ聞いて覚えられることというのは限られています。
だから忘れられてしまっている、という可能性も考えられます。

もちろん1回でも覚えてくれている人はいますよね!
それは素晴らしいし嬉しいことです。

 

しかし、浸透させるには多くの人にしっかり届ける必要がある。
この意識は持っておきたいです(自戒)。

③他人事のままで終わってしまっている

熱も込めて、何度も伝えているつもりなんだけど…

 

この場合は、まず相手がどんな人なのか?を想像していきたいですね。

 

ステークホルダーは様々です。
例えば従業員なら、何を強調したら興味を持ってくれるでしょうか
どのように伝えるか?で相手の受け取り方は大きく変わります。
従業員の立場からして、共感やメリットが感じられなければスルーされてしまう。。

 

それだと、いつまでも浸透することなく
「他人事」として片付けられてしまい勿体ないですね。

ビジョンへの賛同・共感・応援のエネルギーを得られれば
自然と自分ごとへ変化していくので
ビジョンの浸透へと繋がっていきます!

ビジョンを浸透させる方法3選

ビジョンがステークホルダーに与える影響は大きい!
ぜひ今日からビジョンを浸透させていってくださいね!

①トップのビジョン明確化(言語化)

 

経営者、事業責任者、個人でビジネスをされているあなた。
ご自身のビジョンは明確になっていますか?

 

会社や事業のビジョンではなく、あなた個人のビジョンです。

 

え?個人のビジョンは関係なくないですか?

 

と思われるかもしれませんが、
これは切っても切り離せないものです。

 

だって、あなたの事業・仕事ですから
あなたの人生におけるビジョンのなかに“絶対”入っているからです。

 

経営者の方で、
「自分の人生にとって自分の企業や事業のウエイトが低い」
という人は見たことがありません。

 

人生における仕事のウエイトが高ければ高いほど
自分自身のビジョンと、会社のビジョンはほぼイコールと言ってもいいくらい。

 

この「ほぼイコール」というのがミソなんですよね。
完全一致するものではない。
だから、まずは個人のビジョンを明確化してから
企業・事業におけるビジョンを明確にするというプロセスを踏んでいきます。

まずは、あなたの”ありたい姿”を明確にしてください!
脳内で映像化出来るくらいありありと描いていくのが
とてもおススメです!

 

そうすると、自然とワクワク感や熱が伝わります
伝えたときの周囲の反応が変わりますよ!
インナーブランディングとしても期待大です。

★ビジョンをありありと描くのに便利な「望みが叶う!ビジョンシート」をご用意していますので、ぜひご活用くださいね

 

②メンバーのビジョン明確化(言語化)

ステークホルダーの方々はなぜ、あなたの会社・事業と関りを持っているのでしょうか?

 

経営者でなくとも、誰でもビジョンを持っています
通常は、その方のビジョンと、あなたの企業・事業におけるビジョンに何かしらの共通点があるはずです。

 

 

それは一体なんなのか?

 

 

これが分かると、先述の「賛同・共感・応援」のエネルギーに変わっていくわけですね。
そのためにはメンバーのビジョンの明確化が必須です。

 

 

どちらも明確に言語化されたとき、はじめて
重なる部分や共通する価値観などが見えてきます

 

そうすると自然とメンバーにとって(ここでは従業員で考えてみると)、
この仕事・事業が自分ごと化するので
企業・事業のビジョンもすぅ~っと浸透してきます。

 

メンバーに自発的に動いて欲しいと願う経営者さんは多いので、
そういった面でもビジョンの浸透の効果が期待できます。

パフォーマンスアップも大いに期待出来るということです!
より信頼関係も強まって、業績にも影響が出るレベル

 

他のステークホルダーについても、
相手のビジョンを知る努力をすることで
共通点を見つけ伝え方の改善に役立てることが出来ますね。

★望みを叶えるためのビジョンの描き方を解説していますので良かったら参考にしてください。

 

③伝え続けること

 

ここまで「ビジョンは大事!伝えてください!」という
メッセージを発してきたつもりです。

 

やはりビジョンを”浸透”させるには
「何度も伝え続けること」が必須です。

 

ついつい、このあいだ言ったし覚えててくれてるよね、とか
何度も言ったらしつこいかな、とか
思ってビジョンを伝えることが後回しになってしまうかもしれません。

 

でも、1回じゃ人は覚えない!
という前提のもとしつこく伝えていっていただきたい。

 

むしろ、しつこいくらいが丁度いい。
よく「大事なことは何度も言う」って言うじゃないですか。
ビジョンはそれだけ大事なことなのですから、ぜひ伝え続けてください!

仮に、既に浸透した!
忘れないレベルで覚えてくれている!
という状態でも伝えていただきたいくらいです。

 

ビジョンってとてもエネルギッシュで
ワクワク感ややる気を引き出してくれるパワーがあるから

本当に人を動かす力があるので、活用しない手はない!

 

まとめ:ビジョンを浸透させて理想の未来を手に入れよう

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます!

 

ビジョンは本当にパワフルで、自分自身はもちろん
周りの人をも惹きつけ行動させる力を持っていると確信しています。

 

しっかりとビジョンを描けば、ちゃんと叶うので
ビジョンの明確化&浸透を根気よく行って
望みを実現していきましょう!

65の質問に答えていくだけで
ビジョンが明確化されて
具体的アクションまで落とし込める
あなただけのビジョンシートが完成するので
ぜひご活用くださいね

セッション申し込み

自分の在りたい姿で表現活動をしたい方へコーチングセッションを提供しています。こんな方はぜひご一緒しましょう!

  • すでにブログやSNSで発信はしているものの、思うように継続出来ていない

  • 新たにやってみたいことがあるけれど、忙しくてつい後回しにしてしまっている

  • まだ漠然とだけどクリエイティブな活動に興味がある

  • 自分にあった仕事・働き方がなんなのか模索しているものの行動できていない

  • 恋愛・婚活・パートナーシップがいまいちうまくいかない

  • 育児に追われて「自分がどんな人間なのか」忘れかけているけれど取り戻したい

  • いまの自分は在りたい姿ではない…このまま後悔したくない

頑張っているあなたを応援!

動画お問合せ

プロのコーチングスキルで自然体なあなたを引き出し、その魅力を詰め込んだドキュメンタリー風動画を制作いたします。こんな方におススメです!

  • 自分の活動や作品をもっと知ってもらいたい

  • 自分の夢や想いをもっと世の中にアピールしたい

  • 自分の人柄を表現することで繋がりを増やしたい

  • 夢・ビジョンを世の中に宣言したい

  • 今の自分・活動を動画として残しておきたい

望みを叶える!ビジョンシート
無料プレゼント中

【無料】ビジョンシート

「思考は現実化する」と言われていますよね。それだけビジョン・理想を言葉にすることは望みを叶えるためにとっても有効!65の質問に答えていくだけで、あなただけのビジョンシートが完成し望みの実現へ確実に近づけます。

この記事を書いた人

ながのさゆり

在り方で豊かな人生へ導く専門家。RabbitSpace代表。
理想の在り方を叶える対話を提供しています。また、頑張っている個人を応援したい、素敵な活動を広めたいとの思いからドキュメンタリー風動画を制作し配信中です。
米国CTI認定CPCC®

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

PAGE TOP