RabbitSpace(ラビットスペース)

コーチングとは?言い換え・意味・やり方・役割について

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは、あるいはこんばんは!
パーソナルコーチ・動画クリエイターの
ながのさゆり(@sayuricoaching)です。

 

「最近、コーチングってよく耳にするんだけど、なんなの?」
という方に向けてコーチングについてお伝えしていきます。

 

「コーチングってそういうものなのか!面白いな!」
と少しでも興味関心が強くなってもらえたら幸いです。

 

コーチングという言葉の由来と意味

 

コーチングの語源・由来は「Coach」で「馬車」を意味しています。
クライアントを「目的地・望む場所へ連れていく」という意味で馬車とコーチングがリンクしているんですね。

 

<コーチする>

生徒や子どもなどに影響を与え、正しいやり方などを教え込むこと

(類語・類義語・言い換え・同義語)

感化する・指導する・教化する・教育する・躾ける・言ってきかせる・言いきかせる・稽古をつける・稽古する・手ほどきする・手ほどきをする・教授する・コーチする

Webrioより

 

 

上記「コーチする」の内容からは「指導する」「教える」という印象が強いですね。

 

しかし、コーチングは「自発的な行動を促すコミュニケーション」などと定義されることが多いです。
また、私が学んだコーアクティブ・コーチング®は次のように定義されています。

 

 

<コーアクティブ・コーチング®とは>

話し手(以下、クライアント)自身に焦点を当てて関わるコミュニケーションであり、その目的はクライアントの気づきから生まれる意識と行動の変化を促すことです。

そのためにコーチは、スキルはもちろんのこと、関わる時の「あり方」にも自覚的であり、またクライアントが本当に話したいことを話せるように、お互いの関係にも意識を向けて協働的な関係を創り続けます。

意識と行動の変化が起こった結果、クライアントはその人らしさと主体性を発揮することで目の前の課題や問題を解決することはもちろんのこと、様々な状況や環境の中でも自分で自分の道を切り拓く力を手に入れることができます。それはまさに自分で自分をリードするというリーダーシップが発揮されることになります。

CTIジャパンより

 

コーチはクライアントの「本質的な変化」に目を向けているんです。
単純に行動を促すというものではなく”在り方”にも意識を持つのが面白いですね!

 

コーチングのやり方

 

コーチングスキルは色々あり、ここで簡単にはお伝え出来ないのですが…
コーチがやることはざっくり言うと以下です。

 

 

  • 傾聴(否定したりせずに聴く)
  • 質問(相手の視野が広がったり、気づきに繋がるよう意図して)
  • 共に居る(相手の存在そのものを承認する)

 

 

抽象的過ぎて分からん…!
というあなたには「基本的なコーチングモデル」として有名な「GROWモデル」があります。
(4つのポイントの頭文字を取って、そう呼ばれています)

 

この順番でそれぞれ質問していくと、普通の会話とは違い、踏み込んでいけますね。

 

G:Goal(目標・欲しい結果)
R:Reality Check(現実の確認)
O:Options(選択肢)
W:Will(意志)

 

コーチングはとても奥が深いので、コーチングについて勉強するのはおススメです!
生きている限り人間関係はついて回るので、コミュニケーション手法として知っていて損はないです。
この本は漫画で気軽に読めて、内容も濃いのでコーチングを学んでみたい方にイチオシなので是非読んでみてください!

 

 

コーチは在り方が重要なんですよね。
本音で話してもらえないと何も始まらないから。
もしコーチに何でも話せる状態だとしたら、どんどん理想へ近づけるとも言えるので素晴らしい関係ですよね!

 

コーチャブルな存在を目指すなら、傾聴スキルだけでなくご自身の在り方にも着目してみてくださいね!

 

コーチングの役割

 

コーチングが活用できるシーンはたくさんあります!

 

  • ビジネス(組織・チーム力アップ)
  • ビジネス(個々人のやる気・モチベーションを引き出す)
  • 起業・副業などの個人の活動をブーストさせる
  • ブログやYouTubeなどのSNSでの発信を、よりその人らしく継続する
  • 子育て・教育など

 

 

コーチングを受けることで得られるものはかなり幅広いと言えます。

 

また、コーチングスキルを活用するシーンについては純粋なコーチングという関わりではなく、コンサルティングやティーチングと共に臨機応変に使い分けたりというケースも見受けられます。

 

コーチングのベースにある”傾聴”はクライアントワークをされている職種の方なら日常的に活用できるものです。例えば営業職の方なら、お客様のヒアリングをすることが多いと思うので傾聴スキルは直接的に活きてきますよね!

 

コーチングって面白そうだなって思っていただけたでしょうか?
勉強するもよし、まずは受けてみるもよし。
あなたにとって最適なコーチングとの関りが見つかりますように!

セッション申し込み

自分の在りたい姿で表現活動をしたい方へコーチングセッションを提供しています。こんな方はぜひご一緒しましょう!

  • すでにブログやSNSで発信はしているものの、思うように継続出来ていない

  • 新たにやってみたいことがあるけれど、忙しくてつい後回しにしてしまっている

  • まだ漠然とだけどクリエイティブな活動に興味がある

  • 自分にあった仕事・働き方がなんなのか模索しているものの行動できていない

  • 育児に追われて「自分がどんな人間なのか」忘れかけているけれど取り戻したい

  • いまの自分は在りたい姿ではない…このまま後悔したくない

望みを叶える!ビジョンシート
無料プレゼント中

【無料】ビジョンシート

「思考は現実化する」と言われていますよね。それだけビジョン・理想を言葉にすることは望みを叶えるためにとっても有効!65の質問に答えていくだけで、あなただけのビジョンシートが完成し望みの実現へ確実に近づけます。

この記事を書いた人

ながのさゆり

在り方で豊かな人生へ導く専門家。RabbitSpace代表。
理想の在り方を叶える対話を提供しています。また、頑張っている個人を応援したい、素敵な活動を広めたいとの思いからドキュメンタリー風動画を制作し配信中です。
米国CTI認定CPCC®

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

PAGE TOP